表紙(左から):国宝「粉河寺縁起絵巻」和歌山・粉河寺[4月11日~5月10日展示]/「不空羂索観音坐像」京都国立博物館/「千手観音立像」和歌山・粉河寺[5月12日~31日展示]/重要文化財「菩薩半跏像」奈良・岡寺/秘仏「如意輪観音坐像」京都・頂法寺(六角堂)/「聖観音立像」滋賀・宝厳寺/「如意輪観音坐像」兵庫・圓教寺/「十一面観音立像」京都・醍醐寺/秘仏「如意輪観音坐像(鞘仏)」京都・頂法寺(六角堂)

音声ガイド

(左から)いとうせいこうさん、みうらじゅんさん

(左から)いとうせいこうさん、みうらじゅんさん

音声ガイドナビゲーターは、
みうらじゅんさん、いとうせいこうさん!

独特の切り口で仏像を紹介した共著『見仏記』などで、新たな仏像の魅力を発信している、みうらじゅんさんといとうせいこうさんがナビゲーターに登場!公私ともに親しい2人が、西国三十三所の魅力や展覧会の見所を分かりやすく解説します。

当日貸出価格

600円(税込)

みうらじゅん(イラストレーター)

1958年京都市出身。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。イラストレーター、作家、ミュージシャンなどとして幅広い分野で活動。1997年「マイブーム」で新語・流行語大賞受賞。2005年日本映画批評家大賞功労賞受賞。2018年仏教伝道文化賞沼田奨励賞受賞。興福寺「阿修羅ファン倶楽部」の会長。『アイデン&ティティ』『マイ仏教』『「ない仕事」の作り方』『ひみつのダイアリー』など著書多数。

いとうせいこう(作家)

1961年生まれ、東京都出身。1988年に小説「ノーライフ・キング」でデビュー。1999年、「ボタニカル・ライフ」で第15回講談社エッセイ賞受賞、「想像ラジオ」で第35回野間文芸新人賞受賞。執筆活動を続ける一方で、宮沢章夫、竹中直人、シティボーイズらと数多くの舞台をこなす。音楽活動においては日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、日本語ラップの先駆者の一人である。現在は、ロロロ(クチロロ)、いとうせいこう is the poetで活動。